女性向けのパーソナルトレーニングで効率よく体を鍛える

レディ
  1. ホーム
  2. 瞑想と呼吸で効果を高める

瞑想と呼吸で効果を高める

レディ

身体と脳を休ませる

ヨガは瞑想に始まり瞑想に終わるといわれるように瞑想はヨガの重要な要素です。瞑想といえば新松戸では無我とか無念無想などという言葉を連想する人が多いかもしれませんが、ヨガの瞑想は緊張して強張った身体と継続的に興奮状態にある脳を100パーセントに休ませることです。難しく考えなくても全身の力を抜いて気持ちを呼吸に集中することで雑念や妄想が鎮まり美しいイメージを思い描くことで心身共にリラックスできます。新松戸で瞑想をする姿勢は休息のポーズを始め様々ありますが、大事なことは全身を緩め、くつろいだ心でイメージを思い浮かべながら瞑想することです。これが自然にできるようになるとが心身の完全なリラックス状態になる近道で、ヨガの効果を高めるためにも欠かせないものです。

自律神経の乱れを正常に

ヨガでいう呼吸とはただ単に息を吸って吐くことではなく、生命エネルギーを体内に取り入れることです。新松戸ではヨガは心の状態と身体の健康状態は呼吸と密接な関わりがあると考えられています。呼吸は自律神経にコントロールされていますから体調が崩れたり、緊張などで呼吸が乱れたら、自律神経のバランスも乱れています。そのような時は新松戸で意識的に呼吸をすることで自律神経に働きかけ、正常なバランスに戻すことが大事です。具体的には横隔膜の上下運動を大きく使った腹式呼吸を行います。お腹を凹ませて息を吐くと横隔膜が引きあがって肺が小さくなり、息を吐き切ることができます。一方お腹を膨らませて息を吸うと横隔膜が下がって肺が大きく広がり、空気を体内に十分取り入れることができます。